FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず、場所を決める。

歯科医院を開業するに当たり、

真っ先にしないといけないこと、

それは、

場所を決める!

お金持ちのあなたなら、

土地を買って建物建てて、総額2億円ぐらいをどーんとキャッシュでどうぞ。

お金持ちの人は放っておいて、

ここでは、ビルテナントで開業するを想定して、色々試算します。

ビルテナントは、当然ですが、借りないといけません。

テナントを借りるのにどれだけ必要か。

歯科医院を運営するに当たり、必要な広さはどの程度か。

15坪 ユニット2台でゆとりなしの広さ
20坪 ユニット3台でゆとりなしの広さ
25坪 ユニット4台でゆとりなしの広さ
30坪 ユニット5台でゆとりなしの広さ

ゆとりとは、ユニット間をどれだけゆとりを持って設置するかということで、
広い方がよいのは言うまでもありません。
クリニック内に、待合室、患者さん用トイレ、医局、院長室、スタッフ用トイレを設置することを基本としたイメージです。

25~30坪の広さのテナントを選択するのが一般的となっています。

テナント料は地域での格差が大きいですが、計算を簡単にするため、1坪1万円として考えます。

テナント契約には、テナントオーナーに支払う保証金と、
不動産屋に支払う仲介手数料が必要です。

保証金は家賃10ヶ月分ってうのが多いような・・・。
仲介手数料は家賃1ヶ月分

テナント契約してから、月末までの端数約半月分

また、契約してもすぐクリニックが稼働できません。

内装工事をしないといけませんから。

内装工事にはおおむね2ヶ月要します。

この2ヶ月分空家賃などと呼びます。

締めて13~14ヶ月分の家賃が、テナント契約時に必要です。

坪1万で30坪と考えると、月額30万円。

14ヶ月分とすると、420万円!

テナントを契約するだけで、こんなにもお金がかかるんですぞ。

この額を見ただけで、心が折れた方・・・。

まだだ、まだ終わらんよ!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
ガンダムOO名言葉
プロフィール

pontagon01

Author:pontagon01
仕事:歯科医師
生年月日:S44.7.3
血液型:A
身長:170cm
体重:62Kg±2kg
趣味:♪ピアノ♪、お車(シロッコ)
   家庭菜園、一人旅
人生コンセプト:やったもん勝ち!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。