FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の歯科治療事情その3

経済の凋落

政治の混迷

日本を取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。

しかし、

それでも海外から

日本を目指してやって来る人は大勢います。

今日のお写真はこちら。

某ラテン国から日本へ来ている方です。

ama3.jpg
ama1.jpg
ama2.jpg

日本ではほぼ絶滅したと言っても過言ではない

アマルガム
という合金を使っての修復治療を、

今回のラテン国をはじめ、

アメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国では、

未だに行っています。

アマルガムの弊害については、

検索すると山ほど出てきます。

最大の問題は、

合金の結合材に

水 銀

を使用すると言うことです。

水銀の害については、

これまた検索すれば山ほど出てきます。

そんな危険なシロモノを

なぜ未だに世界中で使用しているのか?

それは、

アマルガムの材料費が

安い!
からです。

そして、世界中の殆どの国では、

歯科治療費がべらぼうに高く、

一説では

日本の治療費は世界相場の1/4

だそうです。

世界中金持ちばかりではありません。

庶民は歯科治療にお金を掛けられませんから、

比較的安い治療費で済む、

アマルガムの充填治療を

選択するという事になります。

しかし、残念ながら、

このアマルガム、

治療成績は良くありません。

材料に起因する問題もありますが、

安い治療費なため、

外国の歯科医師は治療の手抜きをします。

アマルガムを外してみると、

ama04.jpg

虫歯が大爆発!!! (黒歯科風)

安い治療費では

それなりの治療。

それが世界標準です。

安い治療費でも良い治療が受けられるのは

世界広しといえど、

日本だけ です。

日本の歯科医師の努力、献身は

世界中の歯科医師が真似できません。

というか、

真似したくない

と言うのがホンネかもしれません。

サッチャー元英国首相が英国首相時代、

日本の医療制度を視察に来たとき、

日本の医療人の奴隷的働きを見て、

(低診療報酬と長時間労働)

真似したくないと言って帰ったそうです。

それぐらい、日本の医療、

特に歯科医療は低賃金を強要されているんですが、

世間的には知られていないのが残念です。

何はともあれ、

歯科治療は日本で受ける

これが一番です。


にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
FC2カウンター
ガンダムOO名言葉
プロフィール

pontagon01

Author:pontagon01
仕事:歯科医師
生年月日:S44.7.3
血液型:A
身長:170cm
体重:62Kg±2kg
趣味:♪ピアノ♪、お車(シロッコ)
   家庭菜園、一人旅
人生コンセプト:やったもん勝ち!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
119位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。